what's new

lotus column

vol.300「主で親で先生で」new
18.09/01 ● by Dozaemon

 あなたはどのくらい息を止めていられるだろうか? 一分くらいの人、二分くらいの人、それぞれだろうが、私は七十秒ほどだった。ちなみに世の中には凄い人がいるもので、ギネスブックによると二十分以上も息を止めていられる人がいるそうだ。

 普段は気にもしないが、人は常に呼吸をしている。起きている時も、寝ている時も、無意識に。空気は目に見えないし「窒素が何パーセントで、酸素が何パーセントで……」なんて意識することも無い。ところがいざギリギリまで息を止めると、その有り難さ、呼吸の大切さをあらためて意識する。

 仏様もまた同じだ。仏教徒であっても、普段から仏様のことを意識している人は少ないだろう。けれども仏様の方からすれば、私たちが心身ともに「仏様と同じ」になれるよう、永遠に途切れることなく手を差し伸べておられる。なぜなら仏様はずっと昔からこの世界を主として見守られ、親が子に対するように私たちを慈しみ、先生のように導き続けるからと法華経にある。

 その大いなる慈悲に心から感謝の念を抱いた時、この世こそが浄土であることに気づくはずだ。


「lotus column」バックナンバー

image

【18.04/08】市民大学講座new
平成30年度のカリキュラムが決定。

【18.02/17】檀信徒研修会
3月3日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による檀信徒研修会を「日蓮聖人のご降誕とは」をテーマに開催。

【17.10/01】いのりの集い
10月7日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による第736回日蓮大聖人御入滅報恩御会式大法要「いのりの集い」を開催。東日本大震災物故者の慰霊と被災地の復興を祈ります。

市民大学講座

what's newdiscourseseasontalesideadownloadlinkmyoabout "myo"site mapNOEC

HOME

Since 1999, Nichiren-shu Osaka Enlightenment Center. All teachings are opening up.