what's new

lotus column

vol.304「心の体力」new
19.05/01 ● by Shougyo

 ある両親が、九才の子の余命宣告を受けた。悲しくない病気など一つも無いが、小児癌という病気はあまりにも悲しい。

 気丈なお医者さんが、残された貴重な時間を家族と共に過ごせるようにと、在宅看取りに取り組んでおられる。彼は言う。

「天寿を全うされた方の場合、まだご遺族への声のかけようもあります。しかし小児癌の子供を看取った時は、ご遺族にかける言葉が見あたりません」

 私は申し上げた。

「おうむ返しでいいんです。ご遺族が『今まで生きてきてこんな悲しみは初めてだ』とおっしゃれば、『同じ立場であれば、私は気が狂うかもしれません』とおっしゃって下さい。『どうしていいかわからない』とおっしゃれば、『同じ体験をすれば、私もそうだと思います』とおっしゃって下さい。相手の心に寄り添って差し上げて下さい」

 すると彼はこう返した。

「おうむ返しをするため最初の言葉がでるまで、どれくらいの時間がかかると思われますか?」

「たぶん三十秒か、一分でしょうか。しかし、先生にはその百倍に感じられるでしょうね」

「三十秒、一分の辛さ苦しさがお分かりですか?」

「その苦しみを乗り越えることができますよ。心に体力をつけることです」

「心にも体力がつきますか?」

「トレーニング方法があります。それ仏道修行と呼びます」


「lotus column」バックナンバー

image

【19.04/07】市民大学講座new
平成31年度のカリキュラムが決定。

【18.12/28】檀信徒研修会
3月2日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による檀信徒研修会を「日蓮聖人のご降誕とは」をテーマに開催。

【18.9/25】いのりの集い
10月13日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による第736回日蓮大聖人御入滅報恩御会式大法要「いのりの集い」を開催。東日本大震災物故者の慰霊と被災地の復興を祈ります。

市民大学講座

what's newdiscourseseasontalesideadownloadlinkmyoabout "myo"site mapNOEC

HOME

Since 1999, Nichiren-shu Osaka Enlightenment Center. All teachings are opening up.