what's new

lotus column

vol.299「戯 画」new
18.05/13 ● by Houken

 大阪市立美術館で開催された「江戸の戯画」特別展に行ってきた。

 泰平の世の中が長く続いた江戸時代に、今の漫画のような「戯画」がたくさん描かれ、人々の笑いを誘った。特に大阪を中心に人気を集めた「鳥羽絵(とばえ)」には、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長いという特徴があり、多くの人を楽しませたようだ。

 今回の特別展には、葛飾北斎・歌川国芳・一鶯斎芳梅(いちおうさいよしうめ)といった有名な絵師の作品が展示されており、現代の我々でもそのユーモアを十分に感じることができる。

 そんな中で、お釈迦様が派手な夫婦喧嘩の仲裁をされる様子を躍動的に描いた「四月初のあらそい」という絵に出会った。作者の国芳は日本の歳時をユニークに描き、四月の催しに花祭りを選んでお釈迦様を登場させたのだ。この時代には、誰もが花祭りのことを知っていたということになる。

 他にも、芳梅の「滑稽浪速名所鬼子母神(こっけいなにわめいしょきしもじん)」は日蓮宗寺院がモチーフになっており、当時の庶民の信仰をうかがい知ることのできる、貴重な体験となった。


「lotus column」バックナンバー

image

【18.04/08】市民大学講座new
平成30年度のカリキュラムが決定。

【18.02/17】檀信徒研修会
3月3日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による檀信徒研修会を「日蓮聖人のご降誕とは」をテーマに開催。

【17.10/01】いのりの集い
10月7日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による第736回日蓮大聖人御入滅報恩御会式大法要「いのりの集い」を開催。東日本大震災物故者の慰霊と被災地の復興を祈ります。

市民大学講座

what's newdiscourseseasontalesideadownloadlinkmyoabout "myo"site mapNOEC

HOME

Since 1999, Nichiren-shu Osaka Enlightenment Center. All teachings are opening up.