what's new

lotus column

vol.305「日常の修行」new
19.07/07 ● by Shougyo

 七十代半ばの主婦・妙子さんはある日、洗濯物取り込み、たたむ前に別の用事に手を取られた。それを見つけた娘の法子さんは、ぶっきらぼうに「お母ちゃん、取り込んだらすぐたたまんとシワになるで〜」と言った。妙子さんは自然に「ほんまやな〜」と答えた。

 別の日にまた洗濯物を取り込んだ後、そのままにしていたら、たまたま来ていた次男の嫁の華美さんが「お母さん、洗濯物すぐにたたんだ方がシワになりませんよ」と遠慮がちに言った。妙子さんは「ありがとね〜」と答えたものの、本心は「それくらい分かっているわよ」とムッとしている自分を見つけた。

 気兼ね無しに言った娘と、控え目に言ったお嫁さん。なのになぜ?

 誰の言葉であっても、同じ意味の言葉なら同じに聞こえることを「空=くう」という。同じに聞こえないことを「執着」という。そして「執着」から「空」へ渡ることを「修行」という。仏教とは、迷いから悟りへの架け橋なのだ。


「lotus column」バックナンバー

image

【19.04/07】市民大学講座new
平成31年度のカリキュラムが決定。

【18.12/28】檀信徒研修会
3月2日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による檀信徒研修会を「日蓮聖人のご降誕とは」をテーマに開催。

【18.9/25】いのりの集い
10月13日(土)に、日蓮宗大阪市宗務所による第736回日蓮大聖人御入滅報恩御会式大法要「いのりの集い」を開催。東日本大震災物故者の慰霊と被災地の復興を祈ります。

市民大学講座

what's newdiscourseseasontalesideadownloadlinkmyoabout "myo"site mapNOEC

HOME

Since 1999, Nichiren-shu Osaka Enlightenment Center. All teachings are opening up.